青森県内10地点で真夏日を記録

時折、水が高く上がる噴水を囲み歓声を上げる子どもたち=10日午前、青森市スポーツ公園わくわく広場

 10日の青森県内は高気圧に覆われ、各地で気温が上昇。青森地方気象台によると最高気温は弘前32.7度、三戸32.6度、十和田32.5度、青森32.1度、八戸31.7度など10地点で真夏日を記録。県内23観測地点中、22地点で今年最高を記録するなど暑い一日となった。

 真夏日はこのほか五所川原、青森大谷、黒石、三沢、碇ケ関で記録。10地点の最高気温は、いずれも平年を7~11度ほど上回った。

 青森市では朝から気温が上がり、午前10時には30度に達した。

 同市スポーツ公園わくわく広場には同市たんぽぽ幼稚園の園児74人が訪れ、晴れ渡った青空の下、遊具で遊び、汗だくで園内を走り回った。

 水場では時折、水が高く上がる噴水を囲んで歓声を上げ、夏の訪れを実感。山口蓮(れん)君(5)は「水は生ぬるくて、冷たくなかった。シャツがびしょぬれになったけど、楽しかった」と元気いっぱいだった。

青森市

青森
ロマン感じる 三内丸山遺跡の発掘現場公開
青森
ねぶた脈動、出陣へ着々
青森
「オール県産」サウナカー 冨岡さん(青森)、8月から出張営業
青森
ねぷた、ねぶた、立佞武多そろい踏みへ
青森
ワタスゲ 風にふわり/青森・田代平湿原