山田湾(山田町山田)

山田湾
 周囲約30キロのほぼ円形で、海面一面にいかだやはえ縄などの養殖施設が並ぶ光景が圧巻。湾内には「オランダ島」と呼ばれる無人島が浮かび、風光明媚(めいび)な景色が広がる。1643年にオランダ船ブレスケンス号が漂着し、地域住民が船員を救助したことから名前が付けられた。震災前は無人島海水浴場として人気を博し、夏場には町内外からの海水浴客が定期船を使って島を訪れていた。現在は町内外の有志による清掃活動が行われるなど、町の観光資源として再び活用を模索する動きが出ている。

山田町

岩手
うどん店に浜焼きコーナー 山田・釜揚げ屋が開設
岩手
待ってた大粒海のミルク 山田のかき小屋、営業開始
岩手
古里愛の切り絵展、有終 山田出身、群馬在住の大川さん
岩手
山田の宝、震災後初の海開き オランダ島、町民限定で10年ぶり
岩手
食レポ動画で山田発信 体験観光コーディネーターの福舘さん