伝統と現代のマッチング 岩谷堂箪笥、新作発表

岩谷堂箪笥の伝統工法を現代の生活にマッチさせた「くらしな」シリーズの新作
 奥州市の岩谷堂箪笥(たんす)生産協同組合(三品健悦理事長、4社)は、岩谷堂箪笥の特長を生かしながら現代の生活にマッチさせた「くらしな」シリーズの新作15点を21日発表した。3月6日に開幕する第17回岩谷堂箪笥まつりでお披露目し、受注生産を開始する。

 新作は、色や大きさの異なる引き出しを自由に入れ替えて使えるチェストや車輪付きのテレビボードなど、現代の生活に合わせて使えるよう工夫を凝らした。記念盾や花瓶、時計など多彩な小物もそろう。

 三品理事長(71)は「洋風な暮らしにも合わせやすいほか、記念品や贈答品にもお薦めだ」と胸を張る。

 同シリーズは2010年に生産開始。毎年商品を開発し、今回の新作を合わせて約140点をそろえる。

 同まつりは3月6日から4日間の日程で、同市江刺岩谷堂のえさし藤原の郷(さと)レストハウスで開かれ、くらしなシリーズを含む約200点を展示・販売する。問い合わせは同組合(0197・35・0275)へ。

奥州市

岩手
待ってた、江刺甚句まつり 奥州、延期で秋開催
岩手
返礼品の南部鉄器 充実 奥州市、20品増やし計80品
岩手
濃厚トマト、ゼリーに凝縮 江刺産「すずこま」を発信
岩手
自信満々 紅ロマン 奥州・江刺りんご出荷始まる
岩手
地元食材でもち米パン 奥州市の地域協力隊・佐藤さん開発