つがる「塩こうじ鍋」が全国グランプリ3位

3位入賞した「つがるにんにく塩こうじ鍋」(つがる市商工会提供)

 全国各地のご当地鍋が集結し、味を競い合う「ニッポン全国鍋グランプリ」が25、26日の2日間、埼玉県和光市で開かれ、青森県から唯一参加したつがる市商工会特産品委員会の「つがるにんにく塩こうじ鍋」が3位に輝いた。

 22都道県の52チームが参加。2日間で約11万5千人(実行委員会調べ)が訪れ、食べ終わった容器を投票券と交換して好みの鍋に投票した。

 優勝は地元・和光市の「牛すじシチュー」、準優勝は「鳥海なめこ汁」(秋田市)だった。

 「つがるにんにく塩こうじ鍋」は、つがる市商工会が2014年12月に開発。同市産のニンニク入り塩こうじと多彩な野菜を使うのが特徴で、鶏の唐揚げやゴボウの素揚げをトッピングし、ニンニクのまろやかな風味が食欲をそそる。

 グランプリには17年から4年連続で参加。奈良衛(まもる)委員長(64)は「ずっと狙ってきた3位以内にようやく入ることができ、ほっとしている。和光市の人たちから『おいしい鍋がある』と認知されてきており、目標の1500杯を上回る1650杯食べてもらった」と喜んだ。

 グランプリは今年10月、歴代の上位3鍋などを集めたグランドチャンピオン大会を行う予定で、「つがるにんにく塩こうじ鍋」も出場権を獲得した。

3位入賞を喜ぶつがる市商工会特産品委員会のメンバー(つがる市商工会提供)

つがる市

青森
中泊の園児 つがるの農園でサクランボ狩り
青森
初夏の味覚ジュンサイの収穫盛ん/つがる市
青森
つがるで縄文遺跡案内所を拡大、ガイド再開
青森
しゃこちゃんの目が7色に変化
青森
「すしこ」冷凍した新商品