寺山生誕の地・弘前でポスター展やシンポ

弘前市の旧紺屋町消防屯所で開かれている寺山修司ポスター展

 短歌や詩、演劇などで活躍した寺山修司(1935~83年)が12月10日、青森県弘前市紺屋町で生まれたことにちなむイベント「寺山修司誕生祭in弘前」が市内で開かれている。主催する「弘前シェイクスピア上演会」の会員で弘前学院大学の石田和男教授は「寺山修司が弘前で生まれたということを、もっとたくさんの地元の人に知ってもらうイベントにしたい」と話している。

 同会は同大と同市稔町町会がつくる会で、5年ほど前から寺山や演劇に関するイベントを開いている。石田教授は1978年ごろから寺山と交流があり3冊の著作の編集と二つの公演のプロデュースに関わった。

 同市紺屋町の旧紺屋町消防屯所では、三沢市の寺山修司記念館の協力を得てポスター展を11日まで開いている。演劇実験室「天井桟敷」の公演のポスターなど約15点が並ぶ。

 8日午後1時からは、同市若党町の元武家屋敷伊東家跡で、シンポジウム・朗読会を開く。シンポジウムでは、「寺山修司、弘前から世界へ」をテーマに、思春期までを過ごした津軽で寺山は何を受け取っていたのか-などをひもとく。シンポジウムの後には、寺山作品の朗読会を行う。

 シンポジウム・朗読会は入場料千円。問い合わせ・チケット購入は、めん房たけや(電話0172-36-8938)へ。

弘前市

青森
弘南鉄道列車内で「大鰐温泉もやし」販売
青森
弘前雪燈籠まつりへ大雪像の制作始まる
青森
青森県産食材の魅力PR 県内JR4商業施設
青森
弘前市立博物館で「みちのく人形展」開催中
青森
お正月は美術館で 弘前、魅力などガイド