岩手大、総力の支援紹介 創立70周年記念展

岩手大の復興支援の取り組みに理解を深める在校生
 岩手大(岩渕明学長)の創立70周年を記念した震災復興活動展は16日、盛岡市上田の岩手大図書館アザリアギャラリーで始まった。東日本大震災の発災直後から教職員、学生が一丸となった支援活動の足跡を、パネル展示や沿岸の企業と共同開発した製品を通して紹介。復興のフェーズが変わる中、被災地に寄り添った支援の在り方に多くの示唆を与えてくれる。

 活動展は、被災木材をリサイクルした復興ボードの生産・活用や被災動物の支援、三陸の気候に適した園芸作物の栽培など総合大学の知見を生かした9項目の展示を中心とした。野田村の高台移転事業で住民の円滑な合意形成を図るため、ワークショップで活用した住宅模型も展示する。

 11月15日まで。午前10時~午後4時。入場無料。27日と毎週月曜、祝日休館。

盛岡市

岩手
よちよちカピバラ、お名前は? 盛岡市動物公園が愛称募集
岩手
盛岡市のイベント情報
岩手
初競り 「江刺りんご」140万円 盛岡・過去最高値を更新
岩手
冬の訪れ告げる使者 盛岡・高松池にハクチョウ飛来
岩手
コラボパン、お味いかが 白石食品工業、学生有志と共同開発