「桜ミク」今度は弘前ねぷたまつりとコラボ

桜ミクと弘前ねぷたまつりのコラボ企画のメーン画像。ほかに数種類のデザインがあり、ポスターなどに使用される

 ミク、ねぷたまつりも応援-。世界的な人気キャラクター「初音ミク」から派生した「桜ミク」が、弘前さくらまつりに続いて、弘前ねぷたまつり(8月1~7日)でも公式キャラクターを務めることが決まった。ポスター、グッズ、電車に描かれるほか、ミクがデザインされた前燈籠コンテストも行われるなど、津軽の夏祭りに桜色の彩りが添えられる。

 弘前フィルムコミッション(FC)実行委員会が5日、発表した。

 今年4月から5月末まで行われたさくらまつりのタイアップ企画では、市内外のファンが弘前公園に詰め掛け、盛り上がりを見せた。この効果を継続したものにしたいと、コラボ第2弾が企画された。

 ピンクの浴衣をまとい、長い髪をなびかせたミクの姿を描いたポスターや短冊を作成。ミクグッズが限定販売される。7月27日から8月12日まで行われるスタンプラリーでは、絵はがきをプレゼントする。

 桜ミク燈籠を運行し、観客の心をつかんだ団体には、グランプリの栄誉が与えられる。

 桜ミクタクシー(北星交通)、ラッピング電車(弘南鉄道大鰐線)は7月27日に運行を開始し、来年のさくらまつりまで快走する。

 白戸大吾実行委員長は「桜ミクでねぷたまつりを盛り上げ、その勢いを、来年100回目の開催となるさくらまつりにつなげていきたい」と語った。

弘前市

青森
スマート米で新作ビール 弘前の醸造所
青森
「黒ごぼう茶」生協の復興ブランドで東北進出
青森
桜オーナー応募が前年の4倍/弘前のふるさと納税
青森
干支ねぷた制作急ピッチ/弘前・津軽藩ねぷた村
青森
カキ食べ石巻の復興後押し 弘前に出張小屋