男鹿・雲昌寺アジサイ見頃、「青一色、素晴らしい」

青色のアジサイが見頃を迎えた雲昌寺
 秋田県男鹿市北浦北浦の雲昌寺(うんしょうじ)で、約1500株の青いアジサイが見頃を迎えている。
 
 雲昌寺では、見頃を迎えた青いアジサイが一面に広がっている。23日は訪れた人たちが「すごい」「一面の青だ」などと声を上げながら、記念撮影したり、花と日本海が広がる景色を見晴らし台から望んだりしていた。

 アジサイは副住職の古仲宗雲(しゅううん)さん(49)が15年ほどかけて増やした。会員制交流サイト(SNS)などで風景が話題になり「アジサイ寺」として人気が高まっている。シーズン中の観光客は年々増加し、昨年は約4万5千人が訪れた。

 古仲さんによると、今年は花の持ちがよく7月上旬まで楽しめそうという。夫婦で初めて訪れた秋田市の佐藤弥生さん(54)は「青一色なのが一層きれい。海、山とのコントラストも素晴らしい」と笑顔を見せた。

 古仲さんは昨年から、枯れた花を「プリザーブドフラワー」に加工する事業に取り組んでいる。境内ではこの花を使ったアクセサリーやブーケを販売しているほか、市内菓子店などがアジサイにちなんだ商品を売っている。

 古仲さんは「たくさんの人が来てくれるようになりうれしい。満足してもらえるよう今後も環境整備を続けたい」と話した。

 アジサイの観覧期間は7月15日まで。期間中は夜間ライトアップを実施している。拝観料は500円(午前9時~午後5時、最終入場4時半)、ライトアップは700円(午後6時半~9時半、最終入場9時)。昼夜セットの拝観料は1100円。中学生以下無料。

男鹿市

秋田
若美産メロン使用、ジェラート登場 オガーレ、8月末まで
秋田
秋田・2019夏■アイス&ソフトクリームを食べに行こう!
秋田
熱い3日間あす開演、男鹿ロックフェス 氣志團など42組
秋田
アザラシ「わらび」「ほおずき」と命名 GAOの赤ちゃん
秋田
15年のGAOの歩み見て 男鹿、15日まで小中学生無料