梵字が池に往時の水面 平泉・無量光院跡、復元した水路跡で取水

池に水をたたえ、一般公開されている無量光院跡
 世界遺産「平泉の文化遺産」の構成資産の一つで、平泉町の特別史跡・無量光院跡の「梵字(ぼんじ)が池」に水が引かれ、趣深い情景が来訪者を迎えている。

 2018年に復元、完成した水路跡を使って取水するのは今年が初めて。水路跡は幅0・2~1・5メートル、長さ約30メートル。水は一関市と同町を流れる照井堰(ぜき)から引いている。

 無量光院跡は、奥州藤原氏3代秀衡が京都・宇治の平等院鳳凰堂を模して12世紀後半に建立した寺院跡。浄土庭園の復元を目指して町教委が整備を進めている。

平泉町

岩手
中尊寺薪能「仕舞、狂言、能」の3作上演 平泉で8月14日
岩手
平泉・毛越寺、あやめまつり開幕 7月7日まで
岩手
平泉・春の藤原まつり開幕 3日は源義経公東下り行列
岩手
清衡の経巻、400年ぶり平泉へ里帰り ガイダンスセンター
岩手
建立900年の中尊寺金色堂に光 コロナ後の観光客回復に期待