被災した「のと鉄道」応援鉄印を販売 盛岡・IGR青山駅

のと鉄道を支援するため販売している鉄印
 IGRいわて銀河鉄道(鈴木敦社長)は盛岡市青山の青山駅で、能登半島地震で被災した石川県の第三セクター「のと鉄道」を応援する鉄印を数量限定で販売している。売り上げを同社に寄付する。

 鉄印は御朱印の鉄道版。のと鉄道応援鉄印(300円)は、同県の七尾市、穴水町に囲まれている七尾湾を背に走る列車の写真に、試練を乗り越えた先には明るい未来があることを意味する「雲外蒼天」の文字が書かれている。

 第三セクター鉄道等協議会の加盟社が販売し、岩手県内では三陸鉄道宮古駅でも取り扱う。この鉄印に限り、鉄印帳と当日の乗車券がなくても購入できる。

盛岡市

岩手
チャグチャグ馬コ、6月8日に開催
岩手
三鉄40周年コラボ企画が続々 「こはく御守」や限定ビール
岩手
旧暦の雛祭り、盛岡で14日まで 40カ所でひな飾り展示、催しも
岩手
石割桜、もうすぐ見頃です 盛岡地裁前の国指定天然記念物
岩手
岩手とラグビーの歩みをたどるテーマ展 盛岡の県立博物館