旬のマダラ、さまざまな料理で 宮古市魚市場で21日まつり

宮古真鱈まつりなどをPRする関係者
 宮古真鱈(まだら)まつり(実行委主催)は21日、岩手県宮古市臨港通の市魚市場で開かれる。屈指の水揚げ量を誇る宮古の新鮮なマダラが、さまざまな料理で味わえる。

 水産加工業者や飲食店など29団体が出店し、鮮魚や鍋セット、タラフライなどを販売。グルメ屋台も並び、同市の浄土ケ浜パークホテル総料理長が監修する「至極の鱈汁~塩仕立て~」(300円)は800杯限定で用意する。

 市によると、宮古港のマダラ水揚げ量は2010年から6年連続日本一で、23年も11月現在の1104トンは本州一。漁獲後に洋上で氷詰めして水揚げするため、刺し身でも食べられる鮮度の良さが自慢だ。

 宮古駅と魚市場を結ぶ無料シャトルバスを運行。隣接するシートピアなあどでは「宮古早採りわかめ『春いちばん』まつり」も同時開催され、ワカメのしゃぶしゃぶ試食(先着400食)や重茂、田老町漁協の海産物特売などがある。

 どちらも午前10時~午後2時。

宮古市

岩手
「雪のゆうえんち」始まる 宮古・道の駅区界高原の特設会場
岩手
旬の毛ガニ、宮古で味わって 鮮魚店や飲食店、宿泊施設がPR
岩手
「家内安全」「商売繁盛」カラフルな縁起物に願い 宮古「お飾り市」
岩手
まちなかを彩る音と光 宮古駅前広場でクリスマスコンサート
岩手
アワビ採りに競り体験、海山の幸PR 宮古、26日に「まつり」開催