幻想的な弘前に/各所でライトアップ

雪の積もる桜の木が、ピンクや青など次々に変化する照明で彩られた「冬に咲くさくらライトアップ」=1日午後5時半、弘前市の弘前公園追手門付近

 夜の青森県弘前市を鮮やかな明かりで彩る催し「冬に咲くさくらライトアップ」と「弘前エレクトリカルファンタジー」が1日、市内各所で始まった。道行く市民らは夜空に広がる見事な明かりの競演に、思わず足を止めてじっくりと見入った。

 エレクトリカルファンタジーの会場の一つ、JR弘前駅自由通路では午後4時から点灯式が行われた。市観光部の神雅昭部長と田口義則駅長、会場の子どもたちが一緒にスイッチを押すと、通路内の発光ダイオード(LED)電球約2万2千個が一斉に輝き、冬の弘前観光の定番となりつつある催しの開幕を祝った。

 弘前公園外堀で始まったさくらライトアップでは、前日からの雪が積もる桜の木をピンク、青、緑などに変わるLED照明で彩り、弘前の四季を表現。京都旅行中に開催を知り、日程を変えたという台湾の洪婉茜さん(48)は「春の桜に負けないぐらいきれい。京都から駆け付けた価値があった」と喜んだ。

 さくらライトアップは追手門付近の外堀約500メートルで、エレクトリカルファンタジーは市内13カ所で行われ、点灯は来年2月末まで。

弘前市

青森
桜開花は3月末?!/弘前公園、マンサク開花
青森
黒ニンニクと清水森ナンバでブラウニー
青森
青森県内5施設連携アートフェス概要
青森
弘前雪燈籠まつり 少雪でも笑顔、歓声
青森
雪燈籠まつり、開幕前に試験点灯/弘前