初夏の室根山、増す彩り 一関、つつじまつりスタート

麓の蟻塚公園で赤く色づいたツツジを観察する子どもたち
 一関市室根町の室根山(895メートル)の室根山つつじまつりは、18日始まった。ツツジは麓の蟻塚公園がほぼ満開、中腹は五分咲き、山頂付近はまだつぼみの状態。山頂付近は好天が続けば今月末ごろに見ごろを迎えそうだ。

 気仙沼湾を望む大パノラマが広がる山頂付近は毎年5月から6月にかけ、20万本以上のヤマツツジやレンゲツツジが一帯を赤く染める。頂上に同市大東町摺沢から家族で訪れた会社員千葉祐三さん(42)は「満開に咲いた後にもう一度訪れて景色の違いを楽しみたい」と笑みを広げた。

 まつりは6月2日まで。連日、室根山展望台内の休憩所で地元の農産加工品を販売。26日には展望台付近でイベントを開き、午前10時半から太鼓演奏などの郷土芸能が披露され、演奏終了後には餅つき大会が開かれる。25、26日は午前10時半から、パラグライダー愛好者が展望台付近で空中散歩の共演を披露する。期間中、土日は山頂への車両の乗り入れを制限する。

一関市

岩手
一関市のイベント情報
岩手
一関、平泉、奥州の味集合 農業遺産認定へ交流会
岩手
自慢のナス味わって 一関、東北有数の産地PR
岩手
県内、イベント中止相次ぐ 12日からの3連休、台風接近
岩手
2企業が力合わせ「ごま摺りソフト」 平泉・中尊寺境内で販売