模型から学ぶ多様な食文化 18日まで岩手県民会館で展示

食品サンプルを使った弁当作りの体験コーナー
 ごはんといのちのストーリー展は13日、盛岡市内丸の県民会館で開幕し、食文化に光を当てた模型などの展示が来場者を楽しませている。

 魚のコーナーでは2メートルのマグロ模型を展示し、卵のコーナーではダチョウの卵の持ち上げ体験ができる。食品サンプルを使った弁当作り体験のほか、フルーツキューブなどのフォトスポットも随所にあり、さまざまな角度から食文化に触れることができる。

 同展は昨年から全国で展開し、東北では初開催。入場無料で18日まで。10時開場。15日までは午後7時まで、16日以降は同8時まで。

盛岡市

岩手
盛岡の新球場で多彩なセレモニー 記念試合、さんさ、馬コ…
岩手
今年も開催「もりおか短角牛フェア」 盛岡18飲食店、2月末まで
岩手
沿岸の手作り品買って、復興後押し 盛岡・カワトクで「絆フェア」
岩手
心躍る「氷の世界」 盛岡・薮川で造形やイルミネーション
岩手
世界の街並みを3Dアートに 盛岡で米画家の作品展、23日まで