早くも冬の便り 岩木山・八甲田で初冠雪

八甲田では木々の紅葉が進む中、雪化粧した大岳(標高1585メートル)が姿を見せた=青森市の酸ケ湯温泉

 青森地方気象台は6日、標高の高い岩木山と八甲田山系で初冠雪を観測したと発表した。平年に比べ岩木山は15日、八甲田は13日早く、ともに昨年より11日早い冬の便りとなった。

 紅葉シーズンを迎えている八甲田の酸ケ湯温泉や八甲田ロープウェーでは、観光客や登山客が雪化粧した山々にカメラを向ける姿が見られた。神奈川県から大岳登山に来ていた30代の女性会社員は「紅葉の時期に雪を見られるとは思わなかった。寒かったけど、木が樹氷っぽくてきれいだった」と思わぬ光景に満足した様子だった。

 岩木山は同日朝、山頂から3分の1ほどが雪で白く染まった。岩木スカイラインの伊藤政希さん(30)は「一時は、8合目駐車場にシャーベット状の雪が2センチくらい積もった。この寒さで紅葉が一気に進み、週末には見ごろになるのでは」と話した。

 青森地方気象台によると、同日は青森県上空1500メートル付近に11月並みの氷点下0度以下の寒気が流れ込み、23観測地点のうち11地点で最低気温が今季最低となった。各地の最低気温は酸ケ湯1.9度、三戸5.0度、むつ6.6度、八戸7.6度、弘前8.5度、青森8.8度など。

 同気象台によると、県内は7日も寒気の影響が続き冷え込む。

初冠雪を観測した岩木山の8合目=午前10時ごろ

山頂付近に初雪がうっすら積もった岩木山=6日午前9時11分、弘前市茂森町の新町坂

青森市内からも雪で覆われる山頂付近の様子が確認できた八甲田連峰=6日午前10時過ぎ


青森市

青森
ワ・ラッセ(青森)入場者300万人達成
青森
海峡介した交流・交易紹介/三内丸山で特別展
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
缶詰に見る青森県の歴史 近代文学館でサテライト展/県立郷土館
青森
武者に魂吹き込む/青森・大型ねぶた制作佳境