秋のナスフェス、2年ぶりあすから 一関、参加飲食店11に拡大

ナスのすき焼きを前に、8日からのナスフェスをPRする(左から)佐藤勧さん、岩渕寛輝さん、上野祐市さん
 いわて平泉農協の若手ナス生産農家は8~10日、「秋のナスフェス」を2年ぶりに開く。一関市内の飲食店で地元産ナスを使ったオリジナルメニューを提供する企画で、3回目となる今年は参加店が前回2店から11店に拡大。若手参入が続く東北有数の産地として地域の認知度を高め、生産と消費拡大につなげる。

 カフェやレストランなどの参加店がシチュー、グラタン、ピザ、マーボー茄子(なす)などを考案。同市山目のベリーノホテル一関では、すき焼きを宿泊者や少人数の宴会向けに提供する。上野祐市総料理長(61)は「甘辛いたれでおいしいナスといわて南牛を一緒に楽しんでほしい」と語り、フェス期間外での活用も検討する。

 同ホテル以外の参加店と地域は次の通り。

 ▽東山 Cafe&GuestHouseKaziya▽厳美 道の駅厳美渓 山のそば屋須川▽千厩 レストランあさひや サンプラザ及善▽花泉 酒BAR羽鶴 イタリア食堂フィオーレ 笑華亭 CafeLoungevingogh まんまるや

一関市

岩手
譲渡型の保護猫カフェ 一関の清水さん、料理店を改修
岩手
地元の食材、和のシュトーレン 一関の2店舗がコラボし販売
岩手
シクラメン、心も華やか 一関・厳美渓お花畑で出荷が最盛期
岩手
ものづくり体験で知る職人魂 一関、奥州、平泉の20事業所
岩手
来春までの休業に向け冬支度 一関の須川高原温泉