秋田の土産「雪の茅舎」人気上昇 秋田犬ぬいぐるみは一段落

土産物を品定めする帰省客ら=3日、JR秋田駅ビル・トピコ
 皇位継承に伴い10連休(4月27日~5月6日)となった今年のゴールデンウイーク(GW)期間中、秋田市内の土産物売り場は例年以上に多くの観光客や帰省客でにぎわった。秋田市内の売り場では定番商品のほか、冬場に人気のきりたんぽも売り上げを伸ばした。

 アトリオン内のあきた県産品プラザでは、前年の同期間と比べ売り上げが5割ほど、客数は4割ほど増加した。担当者は「毎日がピークを更新している状況だった。連休前に発注を済ませて対策を図った」と振り返る。

 同店の売り上げ点数ランキングによると、1位は一乃穂(秋田市)の「しとぎ豆がき20枚入り」、2位はお菓子のにこり(同市)の「なまはげのおくりもの4個袋入り」と定番がランクイン。3位には秋田県醗酵工業(湯沢市)の「秋田サワー 塩レモン」が初めて入った。ナマハゲをあしらったパッケージが土産用として好評だった。

 東京からナマハゲを目当てに観光で訪れた女性(53)は「有名な稲庭うどんのほかに、会社で配るお菓子を選びたい」とじっくり品定めしていた。

 JR秋田駅ビル・トピコでも、土産物店6店舗の売り上げは前年同期と比べ42・6%増えた。ピークの5月3日のほか、4月29、30日も予想以上に伸びたという。きりたんぽやいぶりがっこなど秋田名物の売れ行きも良く「初めて秋田を訪れた観光客も多かったのではないか」と担当者。

 中でも石川酒店では、齋彌酒造店(由利本荘市)の代表銘柄「雪の茅舎」に人気が集まった。同社の杜氏(とうじ)に迫ったNHK番組が3月に全国放送された影響という。

 これに対し、秋田空港ターミナルビルの土産物店の売り上げは5・3%減だった。

 ただ、フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ選手(ロシア)に秋田犬が贈られたことで秋田犬が大きく脚光を浴びた昨年に比べ「秋田犬ぬいぐるみ」の売り上げが落ち着いたことが要因。それ以外の売り上げは15%増だった。

 売り上げ点数が多かった順では、渥美菓子店(にかほ市)の「あつみのかりん糖」、みうら庵(北秋田市)の「もちもち三角バター餅」、一乃穂の「しとぎ豆がき20枚入り」などが並んだ。

由利本荘市

秋田
湧き水でひんやり♪ 県内猛暑、ボツメキ水源地人気
秋田
花立牧場に「枝豆味噌ソフト」登場! 老舗みそ店とコラボ
秋田
30万本、ヒマワリ見頃 道の駅にしめで「まつり」開催中
秋田
秋田を満喫!8月は祭り・イベント目白押し!
秋田
迫力の十六羅漢、境内にお目見え 東由利の寺に都内男性寄贈