復興祈る作品、タイル壁画に 陸前高田市コミュニティホール

お披露目されたアートタイル壁画
 陸前高田市高田町の市コミュニティホールの外壁に21日、東日本大震災の復興を祈念するアートタイル壁画がお目見えした。

 壁画は高さ2メートル、幅6メートル。同市やシンガポールの子どもたち、同市の画家田崎飛鳥さん(40)の絵画のほか、全国の芸術家らによる絵画や陶芸作品、詩歌などを15センチ四方のタイル約230点で紹介する。タイルの周りには、同市をテーマとしたモザイクタイルアートも描かれた。

 展示の取り組みは、国際総合芸術交流協会(東京、志知(しち)正通理事長)が震災の記憶と教訓を伝承し、復興支援を通じて育んできた絆も後世に伝えようと進めた。同日、現地で除幕式が行われ、関係者や出展者が完成を祝った。

陸前高田市

岩手
震災の爪痕、VRで学ぶ 陸前高田・津波伝承館
岩手
碑が語る津波、教訓を未来へ 陸前高田・伝承館でパネル展
岩手
鎮魂祈る演奏会、3年ぶり現地開催へ 7月、陸前高田
岩手
七夕に「けんか」復活 8月に3年ぶり開催、山車2台を製作
岩手
まちに元気、音楽響け 15日、道の駅高田松原でイベント