五城目名物・だまこ餅アレンジ かば焼きのたれでみたらし風に

甘じょっぱい味が特徴の「みたらし風あかくらだまこ餅」
 秋田県五城目町の名物・だまこ餅をアレンジした「みたらし風あかくらだまこ餅」が同町滑多羅温泉郷・赤倉山荘で販売されている。だまこ餅にウナギのかば焼きのたれを絡めており、甘じょっぱい味が癖になる一品だ。

 五城目町産のあきたこまちをこねただまこ餅を素揚げした後、たれを絡めて仕上げた。外側はカリッと、中はだまこ本来のもちもちとした食感になっている。3月から販売を始め、既にリピーターも多いという。

 赤倉山荘は地元の女性たちが作る「昔ながらのだまこ鍋」(税込み1480円)が人気メニュー。「みたらし風」は、名物のだまこを鍋以外でも楽しんでもらえないかと新メニュー開発に取り組んでいた時に、たまたま余っていたウナギのたれと組み合わせて誕生した。

 支配人の板橋克大さん(49)は「意外な組み合わせをおやつ感覚で楽しんでほしい」と語った。

 1本にだまこ餅3個が刺さって110円(税込み)。1日10本限定で、販売時間は平日午前11時半~午後1時、土日祝日は午前11時~午後1時半。月曜定休。問い合わせは赤倉山荘TEL018・854・2969

五城目町

秋田
「三平の家」一室を再現 五城目町・友愛館、関連資料も展示
秋田
冬ならではの魅力求めて… 「森山」の雪中登山、人気じわり
秋田
五城目高生、「秋田」素材のせんべい考案 地元企業と商品化
秋田
五城目町で12日に朝市プラス 3カ月ぶり再開へ
秋田
五城目の朝市・ごじょうめ朝市plus+(秋田県五城目町)