わらび座新作公演初日、20日に延期 関係者がコロナ感染

わらび劇場(資料写真)
 秋田県仙北市の劇団わらび座は4日、田沢湖卒田のわらび劇場で9日から上演する予定だった新作ミュージカル「ゴホン!といえば」の公演初日を20日に延期すると発表した。公演関係者に新型コロナウイルスの感染者が出たため。

 秋田藩の典医を務めた藤井玄淵(げんえん)・玄信(げんしん)父子を描いた作品。感染拡大を防ぐため、舞台の稽古を中断した。わらび座は「新たなわらび座の第一歩となる作品。楽しみにしている方々をお待たせする形になって心苦しく思う。安心して観劇してもらえるよう、万全の状態にする」としている。

岩手
盛岡花火の祭典、10日生配信 無観客開催、自宅観賞を呼びかけ
岩手
ハロウィーン装飾列車乗って 三陸鉄道、31日まで運行
秋田
「苦労するほど美しく」 秋田市の75歳男性、ステンドグラスに夢中
岩手
秋吉敏子さんの魅力満載 盛岡バスセンターにミュージアム
岩手
皇室と本県の縁たどる 一関市博物館、作品やパネルで紹介