わらび座新作公演初日、20日に延期 関係者がコロナ感染

わらび劇場(資料写真)
 秋田県仙北市の劇団わらび座は4日、田沢湖卒田のわらび劇場で9日から上演する予定だった新作ミュージカル「ゴホン!といえば」の公演初日を20日に延期すると発表した。公演関係者に新型コロナウイルスの感染者が出たため。

 秋田藩の典医を務めた藤井玄淵(げんえん)・玄信(げんしん)父子を描いた作品。感染拡大を防ぐため、舞台の稽古を中断した。わらび座は「新たなわらび座の第一歩となる作品。楽しみにしている方々をお待たせする形になって心苦しく思う。安心して観劇してもらえるよう、万全の状態にする」としている。

岩手
レトロ風の電話ボックス、LEDで彩り 盛岡の材木町商店街
岩手
若い感性の力作一堂に 岩手町で県北5高校美術部の合同展
青森
小牧野遺跡PRへ 羊毛人形「ようもんゆらり」
岩手
区界を満喫、雪の遊園地 そりや迷路が人気、19日まで
岩手
らんまん、世界のツバキ 大船渡でまつり開幕、3月21日まで