菜花ソース商品化 2種類お披露目/しもきたTABIあしすと

手前右がオリジナルソース。手前左がブラックソース。奥の4品は試食会で用意された料理

 青森県むつ市に事務局がある地域連携観光地域づくり法人(DMO)「しもきたTABIあしすと」は横浜町産菜花を使い、料理にのせたり、塗ったりして使う「オリジナルソース」と「ブラックソース」を開発し、21日、同町の道の駅よこはま「菜の花プラザ」レストラン鮮菜でお披露目会を開いた。

 2種類のソースには、NPO法人「菜の花トラスト」(むつ市)の「天日干しのなたね油」、水産加工業「駒嶺商店」(風間浦村)の「海峡の塩」も使用。オリジナルソースはピザやパスタなどに、ブラックソースは熟成感があり、野菜などに合うという。

 2019年に同町で開催されたグルメイベント「下北ジオ・ダイニング」にゲストシェフとして参加した世界的ピザ職人・岩澤正和さん=東京都=考案の菜花のジェノベーゼソースがベースになっている。

 21日は試食会も開かれ、しもきたTABIあしすと理事でもある石橋勝大町長がソースを使ったパスタ、ピザなどを試食し「菜花の風味がばっちり合う。いろんな場面で使って、みんなにご愛顧いただければ」と話した。

 2種類のソースは3月上旬から、県内では、しもきたTABIあしすとのウェブサイト、菜の花プラザで各150グラム入りで1080円(税込み)で販売。同ウェブサイトでは今月21日から予約を受け付けている。

横浜町

青森
GMUのふるさとナビ2 横浜・ほろよい豚バーガー
青森
釣りマナー向上願い 9月11日ごみ拾いイベント
青森
花咲くジャガイモ 畑に彩り/横浜
青森
畑一面 輝く黄色/横浜町で菜の花見ごろ
青森
菜の花、開花宣言/横浜町