氷の洞窟、色彩閉じ込め 盛岡・薮川で22日からイベント

「氷の世界」のメイン展示「氷の洞窟」。夜はライトアップされ、神秘的な空間となる=21日、盛岡市薮川・安倶里まほら岩手(報道部・山本毅撮影)
 盛岡市薮川の自然体験施設、安倶里(あぐり)まほら岩手(久保田梓所長)は22日から、イベント「氷の世界」を開く。氷の造形やイルミネーション、氷上体験など本州一の寒さを楽しむ催事を用意している。

 メイン展示の「氷の洞窟」は奥行き10メートル、幅5メートル、高さ5メートル。内部にはチャペルやウエディングケーキなど氷の彫刻が飾られ、夜はライトアップする。

 会場では午後5時からイルミネーションを点灯。水族館やお花畑をイメージし、昨年の約3倍となる30万球の発光ダイオード(LED)が彩る。市内の子どもたちが作ったあんどんも柔らかな光を放つ。やかんを滑らせるヤカーリングや氷上ヒメマス釣り、そりなども楽しむことができる。

 2月27日まで。午前10時~午後7時(月、火曜定休)。

盛岡市

岩手
盛岡の新球場で多彩なセレモニー 記念試合、さんさ、馬コ…
岩手
今年も開催「もりおか短角牛フェア」 盛岡18飲食店、2月末まで
岩手
沿岸の手作り品買って、復興後押し 盛岡・カワトクで「絆フェア」
岩手
心躍る「氷の世界」 盛岡・薮川で造形やイルミネーション
岩手
世界の街並みを3Dアートに 盛岡で米画家の作品展、23日まで