見て食べて、まめぶ知ろう 久慈・山形で2行事

「まめぶ食フェスタ2022」で振る舞われる各集落のまめぶ
 久慈市山形地区の郷土料理まめぶをPRする「まめぶ展2022」と「まめぶ食フェスタ2022」は15日から、同市山形町のおらほーるで開かれる。江戸時代から受け継がれる地域の宝を再評価する。

 まめぶ展は21日まで、ロールスクリーンパネルによる魅力紹介や、「百年前の晴れ食」御膳の再現、文献資料展示を行う。午前10時~午後4時。初日の15日は午前11時から、オープニングセレモニーを行う。

 まめぶ食フェスタは16日までの2日間、町内の各集落に伝わるまめぶの食べ比べができる。形や具材が違う8種類のまめぶ汁100食分を無料で振る舞う。午前11時~午後2時。

久慈市

岩手
寒気の贈り物、氷筍きらきら 久慈の内間木洞、見学の児童歓喜
岩手
手のひらに「魚ガイド」 もぐらんぴあ、案内端末を試験運用
岩手
三陸鉄道「こたつ列車」ぬくもり運ぶ 「なもみ」も登場
岩手
水槽の中は華やか、クリスマス気分 久慈、もぐらんぴあ企画展
岩手
芸術性と思いあふれる作品 久慈の障害者支援・はあと舎初展示