道の駅開業、地域明るく 青の国ふだい

特産品が並ぶコーナーを見て回る来場者
 普代村銅屋の道の駅青の国ふだい(久保弘昭駅長)は25日、開業した。大勢の客でにぎわい、交流人口拡大や地域活性化の拠点として役割が期待される。

 開業記念としてアンテナショップ「あいで」で特産品のセールを行い、来客はコンブを使用した商品などの買い物を楽しんだ。

 24時間のコインランドリー、お魚センター(普代・マルサ嵯峨商店)も出店した。

 営業はアンテナショップ(午前8時半~午後5時)、お魚センター(午前10時~午後6時)。トイレと情報発信・休憩スペースは24時間利用できる。

普代村

岩手
キャラで発信、黒埼灯台 鵜鳥神楽がモチーフ
岩手
普代「キラウミ」で31日に音楽イベント 震災の鎮魂祈る花火も
岩手
普代のモニターツアー始まる 村、観光資源やコースを検証
岩手
多幸願い神楽奉納 普代・鵜鳥神社例大祭
岩手
道の駅「青の国」7月開業目指す 普代で登録証手交式