躍動感広がる筆墨の世界 書家・田村さんが個展開催

「作品を見た瞬間の感情を大切にしてほしい」と個展への思いを込める田村雪峰さん
 盛岡市八幡町の貸事務所八藝舘(はちげいかん)で24日まで、同市黒石野の書家田村雪峰(せっぽう)(本名麻衣)さん(33)の個展「10年後の胎動」が開かれている。筆の躍動感や墨の淡さなどさまざまな表情を楽しめる。

 毛筆による絵や、凍った墨汁を解かして描いた作品など16点を展示。会場は明治から昭和初期の旧家を改修した事務所一棟ごと借りており、ふすま全体に描いた迫力あふれる作品など、建物の趣を生かした空間を演出する。

 午前10時~午後5時。入場無料。14、18、20、22~24日は田村さんが在廊する。

盛岡市

岩手
ワカサギ釣り、20日に解禁 盛岡・岩洞湖
岩手
映画の街・盛岡をたどる 町家物語館、80年代以降の市資料展示
岩手
岩山パークスキー場、30日廃止 盛岡、愛され55年
岩手
豊作願う小正月色 盛岡、高さ6メートルのミズキ団子
岩手
音楽と落語、融合の舞台 松本哲也と桂枝太郎、盛岡で16日共演