思いがつないだピアノお披露目 二戸・シビックセンター

ストリートピアノ設置記念の演奏会を楽しむ市民ら
 二戸市石切所の市シビックセンター(冬川昭則所長)は19日、ストリートピアノの設置を記念して演奏会を開き、来館者が優雅な音色に聞き入った。

 設置を発案した福岡高3年の栗木結哉さんや同校の有志3人、市地域おこし協力隊で音楽家の猿楽(さるがく)さん(43)らが「丸の内サディスティック」「夜に駆ける」など10曲ほどを演奏。市民ら30人ほどが鑑賞した。

 同校1年長山璃碧(りお)さんは「まるでコンサートホールのようだった。みんな楽しそうに弾いていて、こちらも楽しくなった」と堪能した。

 このピアノは栗木さんが音楽で地域活性化をさせたいと発案し、センターと共同で2月末から準備を進めてきた。ピアノの横には同市ゆかりのグラフィックデザイナー・故福田繁雄さんのピアノをモチーフにした作品も設置され、音楽と美術が楽しめる空間に仕上がった。

 ピアノは開館時間に自由に触れられる。栗木さんは「さまざまな方の協力で無事設置できて感激している。幅広い世代の皆さんに楽しんでもらえればうれしい」と期待する。

二戸市

岩手
温かな夫婦の店、再スタートへ 二戸・カフェレストランよしの
岩手
風刺チクリ、笑みクスリ 二戸パークホテルで時事漫画展
岩手
ワクワク〝特別基地〟 二戸・「YUDA BASE」
岩手
味わうほどに「北三陸」 IGR運営店がランチ提供
岩手
浄法寺のねこ、ラベルになれた 二戸市の南部美人発売