観光復活 担う決意 県北バス入社式、初の男性バスガイド採用

県北バス初の男性バスガイドとして採用され、観光業の再興を担う決意を述べる立花太一さん=宮古市日立浜町
 県北バス(盛岡市、松本順社長)は30日、宮古市日立浜町の浄土ケ浜パークホテルで入社式を行い、同社グループの新入社員8人が新型コロナウイルス感染症に対応しながら、地域の観光を担う決意を固めた。

 互いの距離を空けた会場で、整備職や養成運転士、同ホテルスタッフら新入社員が松本社長から辞令を受けた。

 松本社長は「新しい感性を取り入れなければ時代に合った魅力をつくることはできない。新型コロナ収束後の事業のV字回復へ貢献してほしい」と激励した。

 新入社員を代表し、同社初の男性観光バスガイドとして採用された立花太一さん(22)=盛岡市出身=が「コロナ流行下でも新たな形の観光体験をつくるため努力する。たくさんの方々に岩手の良さや美しさを発信したい」と誓った。

 同じく新人バスガイドの小笠原弘子さん(22)=金ケ崎町出身=は岩手大の落語研究会で4年間高座に上がった経験を生かそうと入社。「震災や復興についても学び、積極的にコミュニケーションしていきたい」と意欲を燃やした。

宮古市

岩手
うみどり公園オープン 旧宮古市役所庁舎跡地に整備
岩手
身近な海にすむ命を観察 宮古・水産科学館で磯の生物展
岩手
元祖サッパ市にぎわう 宮古・道の駅たろう
岩手
新遊覧船 膨らむ期待 宮古市・運航再開へプレイベント
岩手
宮古の逸品、堪能して 新商品「トラウトサーモン詰め合わせ」