千秋公園で桜まつり始まる 秋田市、満開23日ごろ

桜まつりが始まった千秋公園
 秋田市の千秋公園の桜まつりが17日、始まった。公園内の桜約700本はほとんどがつぼみだが、陽気に誘われて多くの市民が繰り出し、一足早い花見を楽しんだ。主催する秋田観光コンベンション協会によると、満開は23日ごろの見込み。

 公園内には約80店の屋台が並び、訪れた人は焼きそばや唐揚げなどお目当ての食べ物を買い求めた。食べ物を片手に散策する人や、仲間と一緒にシートを敷いてお弁当を広げる人など過ごし方はさまざま。桃色に染まったつぼみや、一部でほころび始めた花をスマートフォンやデジタルカメラで撮影する外国人観光客も見られた。

 秋田大付属特別支援学校高等部3年の徳政景太さん(17)は友人と共に訪れた。「春先に少し寒かったからか、花がちょっとしか咲いていないのが残念。満開になったらまた来たい」と話した。

 まつりは28日まで。20、21、27、28日は特別ステージで歌謡ショーやダンスパフォーマンスなどが行われる。

秋田市

秋田
秋深まる紅葉見頃、水心苑 ライトアップも企画
秋田
風味抜群!天然マイタケが旬 秋田市河辺の直売所
秋田
コロナ苦境の業者支援!地元産品、割安販売 27日まで秋田市
秋田
オンラインで27日「鎌鼬の里芸術祭」 作品披露へ
秋田
サルの新居もうすぐ完成 大森山動物園、今冬お披露目へ