自信の味 ホオズキパン 県立農業大学校生ら開発、30日まで販売

あんパンやデニッシュなど、ホオズキの味わいを生かした5種のパン
 ホオズキの甘酸っぱさを味わって-。県立農業大学校(金ケ崎町)2年の村上一江さん(20)と県立大総合政策学部の学生らは25日、盛岡市の盛岡駅ビルフェザンで、ホオズキを使ったパンを発売した。30日まで。

 販売しているのは▽ほおずきあんぱん▽まるごとほおずきのカスタードデニッシュ▽ほおずきのクロワッサンド▽オトナのほおずきブレッド▽ほおずきジャムとパストラミのサンド-の5種類で、190~650円。同大学校の畑で村上さんが育てたホオズキを使っている。

 村上さん、県立大でマーケティングを学ぶ学生らと、岩泉町の早野商店、盛岡市のパン店「PanoPano(パノパノ)」の4者が共同開発した。

 村上さんは「ホオズキは感動的な味がする。多くの人に体験してほしい」と勧める。

 購入した盛岡市永井の主婦藤村裕子さん(64)は「家庭菜園でホオズキを栽培している。ジャムは食べたことがあったが、パンは初めてなので楽しみ」と持ち帰った。

 販売は各日、午前10時~午後7時。

盛岡市

岩手
原木シイタケ洋食にアレンジ 県立大生考案、16 日から店で提供
岩手
アートの力、初の常設展 盛岡・松嶺さん、絵筆を口にくわえ制作
岩手
肴町散策 情報ぎゅっと 盛岡・商店街振興組合がリーフレット
岩手
神子田朝市、年の瀬活気 感染症対策を万全に
岩手
長くいい年に 盛岡・年越しそば作り