実たわわ 香りも魅了 陸前高田・北限のゆず、参加者募り収穫

ユズの香りを楽しみながら収穫する参加者
 陸前高田市の北限のゆず研究会(西條一恵会長)は18日、同市の新たな特産品としてブランド化を目指す「北限のゆず」の収穫イベントを開いた。

 新型コロナウイルス感染症を踏まえ、対象を県内在住者に限って実施。参加した18人は、同研究会のメンバーのアドバイスを受け、三つの収穫場所に分かれて作業に臨んだ。高さ約5メートルの木からたわわに実ったユズを高枝切りばさみなどを使って約200キロ収穫した。

 盛岡市上堂の主婦樋下(といした)真由美さん(65)は「ユズの香りを楽しみながら収穫できた。また機会があれば参加したい」とほほ笑んだ。

陸前高田市

岩手
道の駅高田松原、来場100万人 開業1年10カ月で達成
岩手
新スポットで食の市 きょうから「おかえり気仙マルシェ」開催
岩手
高田松原、戻った白砂に歓声 東日本大震災後、初の海開き
岩手
夏楽しむ限定メニュー 陸前高田の農業テーマパーク、17日から
岩手
にぎわい再び 海開き前に清掃 陸前高田の高田松原海水浴場