自由な発想、楽しむ科学 小学生の作品、盛岡で研究発表会

展示されている児童の研究ノートを見る子ども
 第53回盛岡市小学校児童理科作品展示研究発表会(市教育研究会小学校理科研究部、市子ども科学館主催)は12、13の両日、同市本宮の同館で開かれている。小学生ならではの科学的な視点が光る作品や研究ノートなどが並ぶ。

 市内34校の児童が夏休みに取り組んだ理科工作や自由研究170点を展示。身近な植物や環境の観察、虫の標本、ゴムの反発力を応用してボールをかごに入れる工作など、自由な発想に基づく多彩な作品や研究がそろった。

 気温と湿度の関係に着目し、自宅玄関で測定した結果をまとめた太田4年の中山桃花さんは「毎日測るのが大変だったけれど、調べるのは楽しかった」と達成感を語った。

 13日の展示は午前9時~午後4時半。観覧無料。

盛岡市

岩手
新装開業まで情報発信 盛岡市動物公園のパネル展始まる
岩手
もりおか短角牛フェア10回目 24店舗自慢の味、持ち帰りも
岩手
惜しまれ 半世紀の歴史に幕 盛岡・かわとく壱番館内丸店閉店
岩手
原木シイタケ洋食にアレンジ 県立大生考案、16 日から店で提供
岩手
アートの力、初の常設展 盛岡・松嶺さん、絵筆を口にくわえ制作