泣く子も笑う「なもみソフト」 道の駅のだ、新商品

道の駅のだの新商品「なもみソフト」
 野田村の第三セクターのだむら(社長・小田祐士村長)は、村内の道の駅のだで、新商品「なもみソフト」(600円)を発売した。

 地元の小正月行事「なもみ」をモチーフにした、のだ塩のソフトクリーム。コーン2本でなもみの角、村特産のやまぶどうジャムで赤い顔を表現した。

 普通ののだ塩ソフトクリームは3巻きなのに対し、なもみソフトは7巻きと大盤振る舞い。巨大な「鬼盛り」ソフトに、泣く子もにっこり?

野田村

岩手
こたつ列車、今季運行を開始 三陸鉄道・久慈-宮古間
岩手
寒締めホウレンソウ甘さ上々 久慈地域で20日から出荷
岩手
収穫作業楽しんで 野田特産品ヤマブドウ、「お土産」も
岩手
野田の風景 全国に届け 村観光協会、SNSで動画を公開
岩手
青空の下、コーヒー片手に読書 野田村で移動式カフェオープン