10月閉鎖の深浦・ウェスパ椿山が営業再開

2カ月ぶりに営業を再開した深浦町のウェスパ椿山=1日午後2時10分ごろ

 10月末で閉鎖する青森県深浦町のリゾート施設「ウェスパ椿山」が1日、新型コロナウイルス感染拡大の影響による休業を終え、2カ月ぶりに営業を再開した。社員からは「最後まで精いっぱい、お客さんを出迎えたい」との声が聞かれた。

 ウェスパは、雇用創出などを目的とした第三セクター「ふかうら開発」が管理運営。4月末からの休業中、町が閉鎖を決めた。ウェスパ事業部の佐藤操次長(46)は「首都圏から町にUターンして、20年間働いてきた。(解雇後の)再就職は不安だが、コロナ対策もしながら、最後まで多くのお客さんを出迎える」と語った。

 1日は断続的な小雨模様となったが、コテージ近くでは、ツツジが色鮮やかに咲いていた。秋田県南部から友人3人とのドライブ中、たまたま訪れたという男性(25)は「海産物以外の土産物もあって買い物しやすい。雰囲気もよくて、おしゃれだが…」と話し、閉鎖に意外な様子だった。

 三セクは町が約7割出資。同日、社員約60人が出席した朝礼が開かれ、三セク社長の吉田満町長が閉鎖の決定に理解を求めた。ウェスパは9月末まで2時間飲み放題の「生ビールフェア」を企画。営業期間中、モノレール運行やガラス制作体験は休む。

岩手
レトロ風の電話ボックス、LEDで彩り 盛岡の材木町商店街
岩手
若い感性の力作一堂に 岩手町で県北5高校美術部の合同展
青森
小牧野遺跡PRへ 羊毛人形「ようもんゆらり」
岩手
区界を満喫、雪の遊園地 そりや迷路が人気、19日まで
岩手
らんまん、世界のツバキ 大船渡でまつり開幕、3月21日まで