三陸の味 新商品PR 盛岡で販売会、ネットでも

三陸沿岸の新商品を取りそろえたマルシェを紹介する寺井良夫理事長
 盛岡市の復興支援団体SAVE IWATE(寺井良夫理事長)は18日、同市菜園のカワトクで、沿岸の企業が開発した新商品の販売会を始めた。新型コロナウイルス感染症の影響を受ける企業に代わり、店頭やオンラインの販売で販路拡大を後押しする。

 販売会は「さんりくいいものセレクション~りあすぱーくマルシェ~」と銘打ち、沿岸17社の新商品など約40点を取りそろえた。調味料やサケの薫製、りんごジュースなどが並ぶ。

 同感染症の影響で新商品PRのためのイベント出店が相次いで中止となった企業のため、販売スペースを確保。ホームページも新たに作成し、沿岸20社の海産物や特産品を購入できる販売サイトにつなぐ。

 寺井理事長(62)は「土地にあった本当においしいものを開発しているが、新型コロナで商品PRが難しくなっている。ぜひ手に取って良さを知ってほしい」と呼び掛ける。

 店頭販売はカワトク地下1階で7月31日まで。オンライン販売は同マルシェのホームページ(https://saveiwate.jp/riaspark/)へ。

盛岡市

岩手
輝く氷柱に寒さ忘れて 盛岡・薮川で「氷の世界」初開催
岩手
現代アート、時超え共鳴 盛岡の歴史的建造物に展示
岩手
新装開業まで情報発信 盛岡市動物公園のパネル展始まる
岩手
もりおか短角牛フェア10回目 24店舗自慢の味、持ち帰りも
岩手
惜しまれ 半世紀の歴史に幕 盛岡・かわとく壱番館内丸店閉店