弘前公園の閉鎖解除 市民ら38日ぶりに散策


 青森県弘前市は18日午前、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月10日から立ち入り禁止としていた弘前公園の閉鎖を解除した。桜の開花時期を挟んで38日ぶりに開放された園内では、市民らが久しぶりの散策を楽しんだ。

 同日午前9時から市職員がバリケード17カ所の撤去と三つの城門を開く作業を開始。北門(亀甲門)、東門、追手門の順に重厚な門扉がゆっくりと開かれ、再び園内を行き来できるようになった。

 遅咲きを含め園内の桜はほぼ全て散っているが、待ちわびた市民らは開門直後から園内をカメラ片手に散歩したり、ジョギングしたりするなどして楽しんだ。

 同市の油川千江子さん(70)は「公園の散歩が日課。閉鎖解除を本当に楽しみにしていた」と笑顔。同市の石田惇実さん(69)は「公園は小さいころからの遊び場。目に見えるものだけじゃなく、鳥の声など音を聞くのも楽しい」と園内の雰囲気を満喫した。

 追手門の開門に立ち会った桜田宏市長は「ようやく公園が通常の状態に戻った。桜を見たい気持ちを我慢してくれた皆さんの思いを胸に、来年のさくらまつりを迎えたい」と語った。

 市は新型コロナウイルスの感染拡大を招きかねない花見客の密集を避けるため、今年の弘前さくらまつりを中止し、弘前公園を閉鎖した。桜が見ごろとなった4月下旬には、外堀沿いが車で混み合う場面もあったが、市によると、大きなトラブルや事故は起きていないという。

市民が見守る中、バリケードを撤去し、開かれた追手門=18日午前9時45分ごろ、弘前公園

開門後、早速園内を散策する市民ら=18日午前9時50分ごろ、追手門近く

弘前市

青森
弘前・吉野町シードル工房が第1弾商品
青森
弘前れんが倉庫美術館プレオープンへ着々
青森
弘前の醸造所、苦境打開へ瓶ビールをネット販売
青森
アマビエカレー試食し免疫力アップ学習/弘前
青森
「来年は、今年以上の花を」弘前公園・桜守