春登山 人はまばら シーズン迎えた県内、多くは自粛

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、山開き行事が中止になった鞍掛山の山頂。岩手山を望む登山客は少なかった=29日午前11時15分、滝沢市
 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、本県は春の登山シーズンを迎えた。国内関係団体が自粛を呼び掛けていることもあり、例年は29日に山開きを行う県内の山を訪れた人はわずか。滝沢市の鞍掛山(897メートル)の登山客は例年の1割程度で、釜石、大船渡、住田の3市町にまたがる五葉山(1351メートル)も少なかった。「庭」のように登る地元の愛好者からは戸惑う声も漏れるが、関係団体は遭難への対応も念頭に自粛を要請。山にも警戒と困惑が広がっている。

 岩手山を背にした登山客で例年埋まる鞍掛山の山頂は、静まり返っていた。山開き行事は中止となり、登山客は景色を楽しんだ後、密集を避けるように下山。マスクを着けた人もいた。

 自粛を求める掲示がされた登山口駐車場の車約35台は、全て県内ナンバー。滝沢市外山の会社員男性(41)は「最盛期に岩手山を登るのはためらうが、鞍掛山は散歩の延長みたいなもの。県境を越えるわけでもないので、自粛はどうか」と腕を組んだ。

 一方、毎年鞍掛山に登る登山ガイドで八幡平市大更の理容師畠山聖徳(きよのり)さん(38)は自粛中。「安易に登り事故になると医療機関に迷惑をかける。山は自己責任ではあるが、今の責任は重い。山は無くならない。山好きなら我慢できるはずだ」と思いを語る。

 五葉山も山開き行事を中止。自治体側は地元住民の利用を過度に縛らないよう積極的に自粛は求めていないが、県外登山者への宣伝は控える。ただ、29日の登山口駐車場には「静岡」「柏」「新潟」など数台の県外ナンバー車もあった。

 登った北上市和賀町の男性(66)は「迷ったが、状況を見て『3密』は避けられると判断した。今は入山規制する必要はないと思うが、それでも県外からの登山者が増えないかは心配」と表情を曇らせた。

 全国の山岳観光地も様変わりした。北アルプスの上高地(長野県松本市)では山小屋へのバスが運休。地元の観光旅館組合によると、所属する山小屋やホテル20施設が大型連休に休業する。長野・山梨県境の八ケ岳連峰でも山小屋「赤岳鉱泉・行者小屋」が11月末までの休業を決めた。

 自粛生活中のリフレッシュや軽い運動は必要だが、低い山でも遭難やけがの恐れはある。国内関係団体は「終息まで厳に自粛してほしい」と訴え「医療体制が厳しい状況で遭難事故が起きてはいけない」と理解を求める団体もある。

 本県の県山岳・スポーツクライミング協会の吉田春彦会長は「今は我慢の時。登山事情は山によって違うが、登山者が集まる高山や宿泊が伴う山では、特に気を付けなければならない」と呼び掛ける。

滝沢市

岩手
「滝祭」地域に元気 飲食ブース、SL乗車も
岩手
最後のゆるキャラグランプリ 滝沢できょう開幕
岩手
さんさ動画 3大学が共演 岩手大サークル制作、ネットで公開
岩手
盛農パン 新作2種類発売 ローソンと共同開発
岩手
取れたて 丸ごと思い出 滝沢・特産スイカ収穫体験