潮吹穴(宮古市崎鍬ケ崎)

潮吹穴
 日出島の北西方向に位置し、波が高い時は岩の亀裂から豪快に海水が噴き、30メートルほどの高さに達することがある。穴の下が波の侵食によって洞窟(海食洞)になっており、海とつながっている。気象条件が整わないと潮を噴かないため、「ほら吹き穴」「気まぐれ穴」などと呼ばれることもある。1939年に国天然記念物に指定。

宮古市

岩手
浜の「顔」グッズ化 本県沿岸部の企業とヴィレッジヴァンガード
岩手
宮古の30遺跡 全容発信 県埋文センター、23日から復興調査展
岩手
叡山電鉄(京都)再開祝うヘッドマーク 三陸鉄道
岩手
〝浜味〟ふっくら うめぇ 宮古・パン店、海の幸で新作
岩手
三鉄 ヤギのラッピング 宮古の乳製品販売会社と協力