「影裏」試写会 主演の2人登場 「岩手の方言難しかった」

映画「影裏」の魅力をアピールする(左から)大友啓史監督、綾野剛さん、松田龍平さん=29日、盛岡市
 本県初の芥川賞を受賞した沼田真佑(しんすけ)さんの小説を原作に、盛岡市出身の大友啓史監督がメガホンを取った映画「影裏(えいり)」の完成披露試写会は29日、同市大通のフォーラム盛岡で開かれ、主演の綾野剛さんと松田龍平さん、大友監督が舞台あいさつした。

 映画は同市を主要舞台に、全編を県内で撮影。川での釣りやさんさ踊りなど印象深い自然や風土の中で、初共演の主役2人が色濃いドラマを展開する。

 影を抱えながら転勤で盛岡に移り住んだ今野を演じる綾野さんは「(実際の祭りの中撮影した)さんさ踊りが、ある時代とある時代をつなぎ、景色が変わって出てくる。とても豊かな時間だった」と振り返った。

 今野のただ一人の親友となるが、東日本大震災で行方不明になる日浅(ひあさ)役の松田さんは「岩手の方言で話すのが難しかった。アドリブで返せないんですよ」と笑いながら苦労を明かした。

 大友監督は「大震災の時は、なかなか戻って気持ちを共有できず『何か地元の力になれないか』と、秘めていた約束をこうして果たせた。大画面の魅力を感じてほしい」と呼び掛けた。

 2月14日から全国公開する。

盛岡市

岩手
動物公園 愛称は「ズーモ」 盛岡・新ルートを整備、6月営業開始
岩手
高校生アイデア 焼き麸ラスク 不来方高生が包装考案
岩手
動物公園30年の足跡 盛岡市公社記念誌発行
岩手
石割桜、近づく春実感 雪囲い取り外し
岩手
美容用はさみに漆の輝き 県内外の3社、岩手の技PR