金農準Vの石碑、やっと譲渡先見つかる 学校の近くで何より

関係者が参加した除幕式
 昨年夏の甲子園で準優勝した金足農業高校をたたえて、秋田市将軍野南の解体業佐藤清春さん(79)の自作した記念石碑が、潟上市天王字追分西の佐藤恵佐雄さん(73)に贈られた。22日、恵佐雄さん宅の駐車場で除幕式が行われた。

 石碑は昨年秋、金足農高の快進撃に感動した清春さんが、かつて石材業に携わった技術を生かして制作した。縦2・7メートル、横1・5メートル。ホームベース形をした板状の石に、ベンチ入りしたメンバーと中泉一豊監督の名前を刻んだ。

 ただ、清春さんは自宅に設置スペースがなかったため、秋田市外旭川に借りている資材置き場に置き、無償譲渡を希望する人を探していた。10月に譲渡先を探していることが新聞に載ると、譲ってほしいとの要望が複数寄せられたという。

 清春さんはその中で、子どもが中泉監督と中学時代にチームメートだったという恵佐雄さんに譲ることを決めた。仕事の合間を縫って、約1カ月かけて恵佐雄さん宅の駐車場に石碑を設置した。

 清春さんは「金足農に近い場所に設置できて何よりだ。選手たちの偉業が伝わってほしい」と話した。恵佐雄さんは「これからも家族全員で金足農の応援を続けたい」と喜んでいた。

潟上市

秋田
お歳暮・バレンタインに使えるね! プレミアム菓子券を発行
秋田
ユニホームや写真、冊子…ハピネッツ10年の歩み紹介 潟上
秋田
ブルーメッセ、天王グリーンランド休業 旬の絶景も見られず
秋田
28日からブルーメッセでラン展示会、フェアは見送り
秋田
葉ぷっくり色とりどり 潟上、多肉植物など展示販売