三倉鼻公園(秋田県八郎潟町)

 八郎湖東部承水路や男鹿半島の山並みが一望でき、桜の名所としても知られる。八郎潟の干拓前は、湖岸に突き出た岬だった。

 菅江真澄や正岡子規ら多くの文人が訪れた。作家の幸田露伴は「―夕暮れ方の波けぶり茫々として漁舟を篭め、闘字に張り出て、乙字に彎(まが)れる崎やら浦やら田圃(たんぼ)やら、すべて青々たるも他処に類なく優しき景にて―」とたたえた。俳・歌人の正岡子規は「秋高う入海晴れて鶴一羽」とうたった。

 公園に入る手前の国道7号沿いにある小さな鳥居とほこらは「おとどの岩屋」と呼ばれ、潟の恵みに対する感謝の意を示すとともに八郎潟創成伝説の主・八郎太郎を祭っている。

八郎潟町

秋田
幻想的にライトアップ、八郎潟駅前 町と若者ら、LED設置
秋田
ニャンパチ光輝く、八郎潟駅前 LED2万4千個点灯
秋田
一日市盆踊(秋田県八郎潟町)
秋田
叢雲(むらくも)の滝(秋田県八郎潟町)
秋田
願人踊(秋田県八郎潟町)