新名物アップルパイ 紫波町・産直あかさわ、年明け発売

本格販売を目指すアップルパイ。地元産ジョナゴールドの甘酸っぱさを生かした
 紫波町の農事組合法人赤沢農産物直売組合(梅沢円組合長、組合員108人)は23日、運営する同町遠山の産直センターあかさわで、地元産リンゴを使った新商品のアップルパイを試験販売した。来年1月ごろからの本格販売を目指す。

 1袋2個入り、税込み350円で約100袋販売し、訪れた客が次々に手に取った。食べやすいスティック状で、赤沢地区で取れたジョナゴールドの酸味を生かした。パイ生地とリンゴの間にパン粉を入れたことで、サクサクとした食感を楽しめる。

 問い合わせは産直センターあかさわ(019・676・5201)へ。

秋田
勝手に「ゴーン」 千秋公園、自動鐘付き機で復活
岩手
アイデアが生まれる場に 滝沢・ベーカリーカフェ開店
秋田県内の中止・延期イベント、休館情報
秋田
「祭り」は中止でも…ミズバショウ観賞用木道を補修、仙北市
岩手
宮古でも桜開花 観測史上最も早く