中尊寺、幻想的にライトアップ 11月10日まで「紅葉銀河」

ライトアップされ、木々が幻想的に浮かび上がる中尊寺の参道
 平泉町平泉の中尊寺(山田俊和貫首)は、参道ライトアップ「紅葉銀河」を行っている。光環境デザイナーの意見を基に照明を配置し、赤や黄色に色づき始めた木々を幻想的に浮かび上がらせている。来月10日まで。

 26日から開始し、本堂から金色堂までの約300メートルを中心に、弁天池なども含めて約300個の発光ダイオード(LED)ライトが照らす。光環境デザイナーの松下進さん(東京都)が、世界遺産の落ち着いた雰囲気に合わせて明るさや角度を調整した。

 初日に訪れた盛岡市の会社員藤沢勝子さん(58)は「ライトアップを見るのは初めて。日中とは違った雰囲気で新鮮な感じがする」と木々を見上げた。

 午後4時~同6時半。期間中の金色堂や讃衡蔵(さんこうぞう)の拝観時間は同5時まで。

平泉町

岩手
中尊寺 深く体感 平泉・多目的施設を整備、来年4月に本格活用
岩手
稚児行列 衣装華やか 平泉で秋の藤原まつり開幕
岩手
大輪の菊、境内に気品 平泉・中尊寺でまつり
岩手
一関、平泉、奥州の味集合 農業遺産認定へ交流会
岩手
岩手・2019秋■旬の味覚を楽しもう!