青森の麺屋一翔 次世代ラーメン決定戦優勝

次世代こってり部門で優勝したラーメン「コク辛鶏白湯ガーリックチーズカレー」

 ヤフー主催の「第11回最強の次世代ラーメン決定戦!」の次世代こってり部門で、青森市西大野3丁目の「麺屋一翔(いっしょう)」(升田貴大代表)が出品したラーメン「コク辛鶏白湯(とりぱいたん)ガーリックチーズカレー」が優勝した。県勢の優勝は初めて。協賛する東洋水産がカップ麺として商品化する。鶏豚湯(とりとんたん)(鶏、豚、野菜)を使ったスープをメインとしている同店。升田代表は「煮干しラーメンが強い青森県で、やっと日の目を浴びた。とてもうれしい」と喜んでいる。

 同決定戦は「次世代あっさり」「次世代こってり」「ガツ盛り」「汁なし」の4部門で日本一を決めた。7月に1次の書類選考、8月に一般投票による2次選考を行い、9日に最終結果を公表した。

 次世代こってりは、超濃厚なうまみが自慢のこってり系ラーメン部門。各部門の応募点数は公表していないが、4部門で計100作品を超える応募があった。

 升田代表は中国・上海のラーメン店など国内外で経験を積み、2000年にテレビ番組のラーメン職人選手権で準決勝に進出した腕前を持つ。17年に店を構え、初挑戦の昨年は2次選考に進めず、悔しさを胸に約1年かけて準備を進めてきた。

 メニューは約20年前、修業時代に賄いで作ったカレーラーメンからヒントを得た。カレーの風味が損なわれず、みそのビターな甘みが引き立つよう試作を続け、深みのある甘さに刺激の強い辛みを加え、キレとコクが生まれたという。

 優勝を聞いた瞬間、調理場の陰で家族や従業員と涙を流したという升田代表は「お客さんに感謝してもし尽くせない。勇気、パワーをもらい、後押ししてもらった」と語った。

 カップ麺は来年発売予定。

青森市

青森
コスモス、秋風に揺られ 青森・モヤヒルズ
青森
太古のロマン 存分に/「大恐竜展」21日開幕
青森
「発掘された日本列島」青森で21日開幕
青森
21日から青森大恐竜展、スタンバイOK
青森
リアル!迫力のティラノロボ到着/大恐竜展