生南部サブレ あずきとコラボ 小松製菓、回進堂と共同開発

回進堂と小松製菓が共同開発した「生南部サブレ。あずき」
 南部せんべいを製造・販売する二戸市の小松製菓(小松豊社長)は11日、岩谷堂羊羹(ようかん)を手掛ける奥州市の回進堂(菊地清代表取締役)との共同開発商品「生南部サブレ。あずき」を発売する。

 小松製菓が2008年に発売した人気商品「生南部サブレ」に、回進堂こだわりのあんこを入れた。「あずきの王様」ともいわれる北海道産えりも小豆を使用。サブレの脂肪分と溶け合うよう、回進堂の職人が3日間じっくり炊き上げ、濃厚な粒あんに仕立てた。

 6枚入りで660円(税別)。巖手(いわて)屋直営店や通信販売、回進堂直営店、盛岡駅構内や一部道の駅などで販売する。

 10日に記者発表した小松社長(47)は「県外からの帰省客や観光客にも召し上がってほしい」と期待。菊地代表取締役(63)は「小豆の素材、炊き上げ方をこだわり抜いた」と力説した。

二戸市

岩手
輝く地産ファッション 学生のデザイン形に
岩手
歴史薫る日本酒復活へ 洋野の老舗商店と南部美人、来年春販売
岩手
夜空に託宣の火 今年の作柄は 二戸市の奇祭「サイトギ」
岩手
IGR文具でアピール 銀河イメージ、8駅で販売
岩手
「南部美人」もっと美しく 伝統受け継ぎラベルリニューアル