こだわりのガンプラ、ファンうなる 能代で25日まで作品展

作者のこだわりが光るプラモデルが並ぶ会場
 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズなどのプラモデルを集めた作品展が、秋田県能代市上町の平山はかり店で開かれている。市内外の愛好家が制作した力作約150点が並び、訪れるファンをうならせている。25日まで。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)のロケット実験場があり、ロケット打ち上げイベントが開かれる能代市で、宇宙を舞台にしたガンダムのファン同士で交流しようと、有志による実行委員会(秋林和美代表)が3年前から開催している。

 会場には、金属に近い質感を表現したり、自分好みに着色したりと、思い思いにアレンジされたプラモが並んだ。小学2年生の手による作品や、宇宙を飛ぶように天井から糸でつるした作品もあり、来場者が熱心に見つめていた。

 14点を出品した能代市悪戸の教員庄司俊哉さん(48)は「実際に戦闘に使われたような雰囲気が出るよう塗装した。プラモはさまざまな表現ができるということが子どもたちに伝わるとうれしい」と話した。

 入場無料。午前9時~午後6時。

能代市

秋田
観光レディー「秋田のファン増やす」 新メンバー3人に委嘱状
秋田
「じゃっぷぅ」絶やさない 二ツ井名物、道の駅が製法受け継ぐ
秋田
夜空に浮かぶピンク色、幻想的 能代市役所の「さくら庭」
秋田
藤棚の下で鬼滅キャラになりきろう、能代エナジアムパーク
秋田
イルミネーションで師走を彩る 能代山本地区