花巻電鉄、雄姿見て 廃線50年記念し写真展

来場者に写真を説明する菅原唯夫さん(左)
 花巻市中北万丁目の農業菅原唯夫さん(70)は同市材木町の市民の家で、大正から昭和にかけて花巻を走っていた花巻電鉄の花巻西鉛線廃線50周年を記念した写真展を開いている。市街地と温泉街を結んだ東北初の路面電車。形から「馬面(うまづら)電車」と親しまれていた当時の様子を紹介している。

 路面電車は1915(大正4)年運行開始。花巻西鉛線(西花巻麟西鉛温泉間)は69年、花巻温泉線(花巻麟花巻温泉間)は72年に廃線となった。

 写真展では約250点を展示。乗車する詩人で彫刻家の高村光太郎(1883~1956年)や、花巻西鉛線の最終営業日に住民らが駅のホームで電車を見送る写真などが並ぶ。

 貨車に木炭や硫黄を積んだ写真や、車両内がぎゅうぎゅう詰め状態だったことから、路面電車は住民にとって欠かせない存在だった。

 菅原さんは「花巻電鉄があったことを市民に知ってもらいたい。市の観光資源として、どのように継承していくか来場者の意見を聞かせてほしい」と訴える。

 20日まで。午前9時~午後5時。入場無料。期間中は材木町公園内で保存している当時の電車「デハ3」の乗車体験もできる。問い合わせは菅原さん(090・9532・7434)へ。

花巻市

岩手
「いわて二重奏」来月発売 エーデルワイン×くずまきワイン
岩手
秋だ、祭りだ、行ってみよう 岩手県内各地で地域伝統の催し
岩手
古代の生活示す出土品 「蝦夷」のテーマ展、土器や石器を紹介
岩手
全国の遺跡発掘、一堂に 花巻市博物館で「日本列島展」開幕
岩手
「アニメ化」賢治に注目 花巻で「文豪ストレイドッグス」企画展