2階建てバス 31日運行開始 県北バス、盛岡-宮古間

県北バスが31日から運行を始める2階建てバス。上階から四季の宮古路の眺望を楽しめる
 県北バス(松本順社長)は3日、盛岡-宮古間を結ぶ国道106号特急として31日に運行開始する2階建てバスを、盛岡市厨川の同社で公開した。2階席は高さ約3メートルからの眺望を楽しむことができる。紅葉や雪景色など四季の魅力でインバウンド(訪日外国人客)需要に応える。路線バスに2階建て車両を導入するのは県内では初めて。

 運行するのは1台で、全長約12メートル、幅約2・5メートル、高さ約3・8メートル、重さ約19トン、排気量1万2千㏄のディーゼル車。車高は通常の106急行バスより0・5メートル高い。

 通常型より11席多い全53席。2階は前列に最も眺めの良いワイドビューシート6席と、スタンダードシート41席を配した。1階にはビジネスシート6席を置く。どの席も通常車両より、ゆったりとした席の配置になっている。

 盛岡発の場合、盛岡駅前から県庁市役所前、やまびこ産直館、宮古駅前を経て浄土ケ浜パークホテルに至る。所要時間は約2時間半で1日1往復する。平常ダイヤは同ホテル発が午前9時10分、盛岡駅前発が午後1時15分。

 同社は東日本大震災直後にバス運行を再開。沿岸の農産物輸送も担うなど被災地支援を続ける。松本社長は「復興の総仕上げとしてシンボリックなバスだ。被災地に戻りつつある観光客の流れを確実なものにし、台数も増やしていけたらいい」と期待する。

 全席指定で、片道運賃はワイドビューとビジネスが2500円、スタンダード2030円。4日午前10時からウェブ予約(ハイウェイバスドットコムで検索)を受け付ける。問い合わせは同社(019・641・1212)へ。

盛岡市

岩手
岩手大、総力の支援紹介 創立70周年記念展
岩手
盛岡市のイベント情報
岩手
県内、イベント中止相次ぐ 12日からの3連休、台風接近
岩手
南部鉄器の魅力、広く紹介 11日から盛岡・岩手銀行赤レンガ館
岩手
循環バス沿線の魅力 一冊に 盛岡・岩手大サークルが情報誌