里山の美ぶらり体験 紫波・御蔵ガーデン散策会

種類豊富な植物や果樹が植えられた庭内を散策する来場者
 紫波町の住民でつくる「城山に新たな里山を創る会」(小川勝弘会長、会員10人)は29、30の両日、同町二日町の走湯神社近くに整備した御蔵(おくら)ガーデンを開放し、散策会を開いている。来場者は植物や果樹、ハーブなどの花木の香りを楽しんでいる。

 29日は町内外から約100人が来訪。約70アールの敷地に植栽された約700種の花木や果樹、山菜などをじっくりと観察した。

 御蔵ガーデンはオーナーでガーデナーの小川会長(61)が廃業したリンゴ園を約30年かけて整備。室町時代、斯波氏の居城・高水寺城の米蔵がこの場所にあったことにちなみ、御蔵ガーデンと名付けた。

 30日の散策会は午前10時~午後4時。

紫波町

岩手
紫波町のイベント情報
岩手
紫波さびバーガー24日発売 福田パンなど、グルージャ応援も
岩手
旬の味、ブルーベリー収穫体験 紫波農園きょうから
岩手
日詰の自慢、日本酒やワイン きょうはしご酒まつり
岩手
再出発のバラ園見頃 紫波ローズガーデン