盛岡・桜山地区、新旧店舗が盛り上げ一丸 8月1日からさんさ

歴史ある店と新しい店が軒を連ねる桜山地区周辺。盛岡さんさ踊りの準備で熱気に包まれている=30日、盛岡市
 盛岡さんさ踊り、店主も高鳴る鼓動―。4年ぶりの通常開催が迫り、パレードの出発地点に近い盛岡市桜山地区は、準備作業の熱気に包まれている。官公庁や岩手公園に近く息の長い人気店が多い半面、新型コロナウイルス禍後も立地の良さから進出が相次ぎ、新旧融合の装いに。それぞれが期間中(8月1~4日)、営業時間の延長や限定サービスで、県内外から訪れる観光客の思い出づくりを関係者一丸で後押しする。

 猛暑に見舞われた30日、わらびもち専門店の「甘味処鎌倉 盛岡城内丸店」では、日陰のベンチで涼む客の姿があった。4月にオープン。米紙ニューヨーク・タイムズの効果で外国人客も多く、英語メニューを準備した。ドリンクや着物姿の接客も好評。

 さんさ期間中は通常より2時間半遅い午後9時まで営業する。運営するエンテル(秋田県由利本荘市)の加藤江梨子代表取締役(47)は「城跡や神社など日本らしいものが集まる場所。お祭りと併せて多くの方に味を楽しんでほしい」と張り切る。

盛岡市

岩手
岩手のポケモン「イシツブテ」グッズ常設販売 ホテルエース盛岡
岩手
盛岡市動物公園ZOOMOが22年ぶり来園20万人超 改装から1年
岩手
チャグチャグ馬コ、6月8日に開催
岩手
三鉄40周年コラボ企画が続々 「こはく御守」や限定ビール
岩手
旧暦の雛祭り、盛岡で14日まで 40カ所でひな飾り展示、催しも