玩具店に昭和レトロな「のれん」 遠野のサンホビー

サンホビーの昭和レトロなのれんを背に、笑顔を見せる樋口陽子代表取締役(左)や阿部拓也さん(右)ら関係者
 遠野市中央通りの玩具店サンホビー(樋口陽子代表取締役)の昭和レトロなのれんが道行く人の目を引いている。2021年夏の豪雨で被災し、廃業も考えた同店にとって復活を目指す希望の光になった存在で、県内のデザインコンペではグランプリを獲得した。関係者は「商店街のにぎわい創出につながればいい」と願う。

 店頭に掛けられている2枚ののれん。縦1・1メートル、横は1枚が2・9メートル、もう1枚は1・3メートル。オフホワイトの生地に朱色のかわいらしい字体で「おもちゃ」「だがし」などと記されている。同市早瀬町のグラフィックデザイナー阿部拓也さん(40)が手がけた。

 営業は午前10時~午後6時。火曜定休。問い合わせは0198・62・0399へ。

遠野市

岩手
シェフは日替わり、レストラン「でんパラ」 遠野、6月1日開店
岩手
果実、どぶろくのカクテル「果実物語」 遠野の生産組合、来月発売
岩手
遠野の観光施設、伝承園がリニューアルオープン 食堂が快適に
岩手
遠野の五日市マルシェ、6日開幕 18団体が革製品や浜焼きなど
岩手
春間近告げる町家のひなまつり 遠野・商店街などで3月5日まで